好評につき、ジェラートが足りない!

いつもご来店ありがとうございます😊

連日の猛暑、いかがお過ごしでしょうか?

おかげさまで好評をいただきジェラートの製造が追いつきません!

フレーバーは少なくなっていますが、どれも美味しいのでこの機会にいつもと違うお味を試してみてはいかがでしょうか?

今日も元気に営業しております。

もちろん夜はピザもありますのでお越しくださいね。

いよいよ夜の営業6/18~スタート

「ピッツェリア」って書いてあるのに、なんでピザがないねん!!!!

 

「3億円、すでに借金したから、お金振り込め、こら!」

という、詐欺と言われかねなかった、

「プレマルシェ・ピッツェリア&オルタナティブ・ジャンク」は、いよいよピッツァの提供を開始します。

 

「すでに3億円借金したから、寄付して」とは、本質的に違う、さも過去の事実のように偽るのではなく、未来の話しだけをしていた店名、ついに名実共に、真実となります。

 

今まで、昼のオルタナティブ・ジャンクとジェラートの提供で、お客様のフィードバックや未経験のスタッフの育成、そして採用活動を地道にすすめ、やっと本番の形でスタートすることができそうです。

 

その日は、2018年6月18日(月)と決まりました!

 

これに伴い、営業時間が変更となります。

 

従前 水曜日除く毎日
12時~18時

だったものが、

6月18日以降 水曜日除く毎日

11:30~14:30ランチラストオーダー 15:00昼営業終了
(ランチメニュー及びジェラートのご提供)

18:00~21:00フードラストオーダー 22:00夜営業終了
(ピッツァ、夜専用アラカルト、ワイン等アルコール全て、ジェラートのご提供)

となります。

 

スタッフ一同、やる気満々で準備を進めていますので、6月18日以降、ぜひヴィーガンメニュー豊富なディナーにもお越し下さい。

 

IMG_4444

 

 

ほぼ、毎日

京都にいらっしゃるときは、毎日のようにお越しいただいてお召し上がりいただいているRie様が、写真を撮ってくださいました。

Rie様の写真は、単にものを写しているのではなく、背景にあるエネルギーまで画像に注ぎ込まれる不思議な能力のある方です。

 

プレマルシェ・ジェラテリアのヴィーガンジェラート

31179306_10212507117137310_1293941966882471936_n.jpg

 

オルタナティブ・バーガーに使っているヴィーガン・キムチ

31206459_10212505007084560_678568231056703488_n.jpg

オルタナティブ・バーガー。
これは、「ミナミの帝王」という名前です。

 

・・・・まちがい。
「南の島の大王」、です。

31230509_10212505242930456_5555246069425635328_n.jpg

 

Rie様語録。

(食事は、)作る人によって本当に違う

 

わたしはいただいて美味しいと感じることと、
その後波動が 高まっているお食事が好きです。

お食事は波動をあげるものです。

なんでも波動をあげるものを 取り入れたい

極端な言い方ですけど。

幸せを呼び覚まし癒されて
波動が高いのがいいです。

パフォーマンスですから。

レシピがリッチで!

 

あんなうっとりするキムチ 食べたことないです!
豊潤なキムチ!
豊潤でリッチなキムチ!
他のもそう!
そこが最高の魅力です!
 

とろけてしまいます。

 

そして、Rieさんが風景を撮影すると、こうなります。

31171564_10212505355533271_7866423655654227968_n.jpg

 

普通のことをやるのなら、誰でもできます。

普通の飲食店、
普通のジェラートなら。

 

レシピを全て公開してもいいかなと思い始めた、今日この頃。

同じことは誰にもできない。

そして、志を同じくする人なら、さも簡単にできてしまう。

そういう食べものを創り出してゆきたいと思っています。

 

■ ただ、おいしいだけではないオルタナティブなバーガーの秘密(12)パティ-(4)

大豆まるごとテンペ

電光石火のごとく突然に現れた、不思議カオス系バーガー「南の島の大王」、おかげさまで絶好調です。

アジアが誇る発酵ヴィーガンタンパク源、テンペをいかにおいしくバーガーにするかという問いから、私が導き出した答えは、まだ地球上の誰も考えたことがないであろう、奇異な組み合わせでした。

この、前代未聞の問題作に使用しているテンペは、やはり弊社のオリジナル自然食品プレマシャンティ®の自慢の品です。

00100585

テンペはそもそもインドネシア発祥の、大豆などをテンペ菌で発酵させた醗酵食品です。発酵に使用されるのはテンペ菌といい、納豆菌とはまた一味違ったおいしさがあります。大豆をまるごと使って発酵させたテンペはクセがなく、誰にでも食べやすい味に仕上がりました。

欧米のヴィーガン・ベジタリアンは肉の代用品としてテンペを食べますが、市場にあるくさいものとは違い、プレマシャンティ®のテンペにはほとんど匂いはありません。

ということで、このふっくら仕上げたテンペに、同じく南国由来の滋養素材デーツ、クリスピーな感じがたまらないバナナチップ(!!)ほか、秘密のアイディアと素材が満載のこのバーガー、完全にヴィーガン・ベジタリアン適合素材だけで仕上げており、和の発酵食材も多数加えています。

当初、このアイディアを社内チャットに書いたときには、長い沈黙(既読無視)状態が続きました(笑)

読み手は「これ、マジですか?」「何かの間違いでは?」と思うのも当然です。まさか社長の指示に「こんな訳のわからないもの、お客様に出せるはずがありません!」とは言えないでしょう。

 

業を煮やして厨房に素材を集め、バンズと重ねていくこと数回。

最初の一口を食べた料理長の一言は

『私、この味、どのバーガーより好きです♪』

でした。ということで、めでたくローンチすることが決まりました。

 

これはまだ誰も知らないことですが、このバーガーの最初の名前は「意識高すぎ君」だったのです。しかし、この味に同じく惚れてしまった私は、車に乗り込むとスマホでYouTubeをブラウズ。「カメハメハ大王」と検索して、車中何十回もこの名曲に浸りました。脳内は完全にカメハメハの世界を夢想し、在りし日の南の島の大王に思いを馳せたのです。

・・・ということで、このバーガーの名前は「南の島の大王しかない!」という情熱が迸り、こうなってしまいました。

 

肉を食べる食べないの選択など、このバーガーにおいては愚問です。

「なんだ、このあふれ出すうまさと味のハーモニーは!!」と、驚きに来ていただきたい京都北山発祥の問題作です。